×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレッチポールで腰をストレッチ

ストレッチ(静的ストレッチが一般的ですが、動的ストレッチやPNFストレッチなどの種類があります)ポールの使い方は様々で工夫次第でさまざまな効果を期待できるでしょう。首や首周りを中心に使用する事もできますし、肩を中心に使う事も、腰や腰周りを中心に使う事もできます。要は目的を持ち期待する効果に合わせて継続させる事が大切なのです。例として腰のリラクゼーションを期待行う事のストレッチポールの使い方を紹介しておきます。

1. 仰向けで寝ます。そしてストレッチ(お風呂上りなどに行うと、より効果的です)ポールの上に足を乗せましょう。
  このとき足を腰の幅位に広げてリラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)するのが大切です。
  踵でストレッチ(ムリをしない、バリスティックストレッチ以外は勢いをつけないというのがポイントです。継続して毎日行うことで、少しずつ体が柔らかくなるでしょう)ポールを転がします。引き寄せ⇒離し⇒引き寄せを繰り返します。

2. 両足をストレッチポールに乗せた状態で、つま先を右に向けます。
  足を離し⇒引きつけ⇒足を離しを繰り返します。
  無理はいけません。気持よくつづけられる程度で繰り返します。

また股関節のローリング(エンゲージやマリッジなど、結婚には付き物といえるかもしれません。たまに全く興味のない女性もいますが)エクササイズと言う使い方もあるのです。

1. 横向きに寝転がりてください。(身体の右側を床に浸けます)右腕が身体の下敷きにならな  いよう斜め前に出しておきます。枕を用いて頭を安定させるのも良いです。

2. 両脚の前にストレッチポールを置きます(身体と平行に置きます)
  左膝を曲げて、左の膝をストレッチポールに乗せます(踵まで乗せましょう)。

3. 左足でストレッチポールを転がします。
  手前⇒先⇒手前と小さくでOKです。
  腰周りの動きに注目してのんびり行うと尚良いです。