×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肩をリラックス

ストレッチ(色々なポーズをとることで、骨格筋を伸ねし、柔軟性を高めたり、可動域を広げたりします)ポールを利用して肩をリラックスさせてあげてください。手の平を上に向けて指先でストレッチ(自分の体の状態に合わせて毎日継続して行うことが大切です)ポールに触れます。ストレッチポールから指先が離れないよう注意しながら肘を伸ばしていってください。ちゃんと伸びたら今度は肘を曲げていきます。ポールから離れないよう肩甲骨をしっかり上と下に動かしながら行いましょう。

ストレッチ(お風呂上りなどに行うと、より効果的です)ポールの上にしっかり乗り、基本姿勢を保ちます。上に乗ったまま両手を胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)の高さまで広げていきます。右の手の平は天井に、左の手の平は床に向けて肩の付け根から回すように交互に手を動かしていきましょう。のんびりと肩のまわりが動いているのを確認しながら腕を伸ばして行ってください。

腕を動かしていく事に慣れてきたら、手の平が上を向くほうに視線を動かしていきます。基本姿勢から行うエクササイズ(グッズを使うことで、より効率的に結果を得られることもあります)は他にもあるでしょう。ゆっくりと視線を右から左、左から右へと移していきましょう。これのみでも首の筋肉がほぐれリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)させてあげることが出来ますよ。

左右2往復したら目線を正面に戻し、下を向いて左右に動かします。この動作を繰り返すと首が楽になっていくのですよ。基本姿勢で右手を肩の高さまで広げて首を右に倒します。肩と頭が近付いたら首を下に動かします。顎を引いたまま左右に動かし首の筋肉を伸び縮みさせてあげて下さい。簡単な動きだからといって首や肩の筋肉をリラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)させてあげることが出来ます。