×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレッチポールの使い方

ストレッチポールを使う場合のポイントとしては、鏡の前に立って、貴方の顔が一筋に向いた状態で左右前後同じ角度まで首を倒す事ができるか、左右の肩の高さに違いがないかを見ましょう。


また、鏡がない場合には、床の上に仰向けに寝て、背中(腰)や肩などの身体のどこが床から離れているかを確認したり、腕を下げた状態から、床につけたまま頭の上まですべらせていく時に不自然な所や、身体が曲がってしまうところなどをみておいてくださいね。そして、首を左右に向けた時同じ様に向けるのかもポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)の一つなんですよ。

なので、呼吸は身体を緩めるのにも大切なものなんですよ。そして、ストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)ポールに乗ったら、膝を曲げて足の裏が全部床に付く状態で、貴方の一番楽に力が抜ける状態になるように肩幅ほどを見当に脚を開いてください。

そして、この状態がストレッチ(骨格筋を伸ねして、柔軟性を高めたり、関節の可動域を広げることをいいます)ポールの基本姿勢で、のんびりと1〜2分間深呼吸をして、肩や胸が自然に沈んでいくような感覚でストレッチ(体の柔軟性を保つことで太りにくくなるといわれています)ポールに乗ってみることだけでも、効果があるんですよ。それだけでも、身体は緩みはじめますから、血行もよくなってくる効果があるのです。